大井町線遅延とかビビらすんじゃないよ、まったく。

[第一関門]
受付で引いたくじは50。しかしこのシリーズには珍しく、第何組かわからない。
結局1から順に第一組ではあったのだが、なかなか強豪といわれる人が呼ばれない。
序盤の組なんかでは差し込みっぽい問題がなかなか正解が出ずもどかしい。
そうこうしているうちに第8組で出番。
前回チャンピオンをはじめとして、知ってる顔ばかりっていうね。ですよねー。
しかし、ここまでの組を見るに「何抜けまでを狙うか」という意識が必要な雰囲気。
普段はラス抜けしてなんぼでクイズしているが、今日は前のめりにいこうと気合を入れる。
始まってみると、序盤から誤答とスルーの多い展開。うれしくない問題ゾーンを引いたか。
その中でも勘で言えば当たった「フェアウェイウッド」をチキンしたのは大痛手。
そうこうしているうちに相方が「タングステン」を正解。お、これは正解できないと自分のせいで負けだ。
次の問題。茶室の…よし、絶対この問題正解する。この気合で見事正解。答えやすい問題だった。
チーム2連答で圧倒的有利な展開へ。どちらが正解しても勝ち抜け。
次の問題。名前には「音楽家たち」…問題の頭にポイントがあったが、見事に押し負け。
次の問題。ボクシングの反則行為で…よし、絶対この問題正解する。
押し負けることが心配だったが、ポイント少し先まで聴くことができ自分のランプが点いていた。
少しだけ狙ってはいたが、まさかの1抜け。生涯2回目。このルール相性いいな。

[第二関門]
今回はコース別ではないく、BAD同様の同じルールで勝ち抜け枠が違うクイズ。
1抜け組という非常にうれしい条件でクイズができる。
4ポイント先取で勝ち抜け、半数に絞られるが、ボーダーは3点になると予想。
自分が先手になったので、まずは早い段階で正解を出したいところ。
他に比べて楽とはいえ半分落ちるので、前のめりにいこうと決意。
1問目でいきなりランプを点けるとあっさりトビ。おおおおおおおおい。
結局ボーダーは2点まで下がっていたので、誤答しなければ抜けていたんじゃないか疑惑が…勝負勘ないなぁ。

[敗者復活]
過去2回マーク数が足りなくて復活できないでいたので、今回は結構攻めることに。
結果マーク数は足りたものの、それだけ攻めれば間違えますよねー。
しかも無理して攻めたところばっか…

[その後]
土壇場での逆転劇をいくつも見た。実に見ごたえのある試合だった。
フィクションが5割二次元だったらたぶん勝てたんだろうけどなー。
中学生でフルオープン決勝とかうらやましすぎるわ。
優勝賞品の配分は、決勝での正解数に従って0:7というのは、誰しも考えたはず。

[終了後]
久しぶりに全員集合したabc7thのメインスタッフで記念撮影。完全に同窓会。
社会人になってもこれだけの同世代が集結できるなんてうれしいですね。
今まで名前だけで本人を存じなかった方を何人か確認。ご挨拶も少々。
ATPに両面フルカラーの名刺もらった。やったね。
会場を出た後は噂の庄助へ。言うだけのことはあるおいしさ。
とくに出汁のやさしい味が大ヒット。そんなのおいしいに決まってるわ。
みんなに広めたくなる味というのはよく理解できた。次はほんとに年末かな。だな。

【今日の正解】
○「つくばい」
○「ローブロー」

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント