年末の名物。鉄板ですね。

国内大会ということもあってどインフレ得点だったけど、爽快なスコアで気分良かったです。
でもよかったとはいえ、高橋のステップで満点て…

高橋
やはりFSの後半の5連続ジャンプからの体力不足が問題か。どうしても精度が落ちる。
でも昔はその後のステップが見るからにアレだったけど、それが改善されている点は○。
ケガ前よりも確実に滑りはよくなっているので、あとは微調整。

信成
SPの気の抜けた演技はさすがに見てて気分のいいものではなかった。
でもFSは4回転にも挑戦していたし、久しぶりに調子が戻っていたよう。
最初の4回転は慎重に行き過ぎていたと思う。もっと流れを重視してやれば逆に成功しそうな。

小塚
いま一つぴりっとしない演技続き。本人もストレスたまっていそう。
NHK杯でさんざんだった3Aが戻ってきたので今回はまずよしとして、
ステップが評価につながらないので、そこを本番までに調整してほしいところ。

町田
一つ一つの要素の完成度は劣るものの、1.3倍速で見ると代表選手に比べても遜色ない演技。
次のオリンピックには間違いなく日本のトップ争いをしていることでしょう。成長に期待。

中庭
今年も参加していたこと、それだけで涙が止まらなかった。

女子も重要どころはしっかりチェックしたし、鈴木と中野の直接対決には涙したのだが、
いかんせん女子全体へのモチベーションが低い…

トラックバック | コメントのRSSを取得

コメントする

お名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント