A

そういえば例会に参加するの久しぶりかも。

今回は企画者からしてかなり楽しみな例会。
毎回コース別1問目を正解しているので今回もそのつもりでいたら、今回は仕込みなしとのこと。残念。

[ペーパー]
難しい。過去2回のabc前企画のときと比べるまでもなくかなり難しい。
「ピルトダウン人」は正解したものの、最近出た「オズグッド・シュラッター病」を思い出せず半分届かず。

[コース別1]
誤答すると10休の上、その間正解で入る得点が増えるという、要するに絶対に誤答するなという形式。
その1問目を景気良くつけると、2択の逆を言いあっという間にGW突入。
戻ってきて早々の問題をじっくり反芻し、スルーなりかけのところを答えると、これも違う。盆休み突入。
しっかり考えて誤答じゃもう救いようがないわけで、秋が訪れることなく終了。
ゲームバランスを台無しにしてしまった…

[コース別2]
誤答にかなり厳しい連答系の企画。ワンチャンスに賭けよう。
…と思ったのだが、そもそも問題に手も足も出ず1○だけで完敗。作戦どうこう以前の問題だった。

[敗者復活]
当然予選を抜けられるわけもなく。
50問のうち何問正解できるかのノルマを設定し、一番高いノルマを最初にクリアした1人が復活。
自力で勝ちに行くためには8問ぐらい必要だと思ったものの、荒れることに期待して6問に設定。
ところがこれがまさかの単独最多ノルマ。これは超絶有利な展開。
始まっても序盤から正解できたり、「関西大学」「時の旅人」のような差し込み問題が出たりとうはうは。
途中からどうやっても勝ち抜けられるなとは思っていたものの、
「華氏451」をチキンしたりの結果、かなり危なかったらしい。

[準決勝]
複雑だが、タイミング良く5問正解すれば勝ち抜けられる。
誤答すると大きく解答権が失われるので、終盤に周りが誤答で動けなくなったタイミングを狙うことに。
予定通りとはいえ嬉しくないものの、序盤は沈黙を貫く。沈黙させられただけだが。
中盤以降ぽつぽつとタイミング良く正解を重ね、当落線上まで浮上。
終盤これも予定通り誤答で周りが身動きとれないところで、千載一遇のチャンス。
今年の歌会始のお題を正解できたら勝ち抜けという場面だったのだが、これを痛恨のチキン。
結局その後最終問題でひっくり返されて敗退。もっとあっさり負けるかしてればこれほど悔しくもなかったのに。
直接的な原因としてはやはり歌会始に尽きるのだが、
個人的には「解離性同一性障害」をスルーしてしまった時点で負けだったかなと。
自分はいったい何を全巻そろえたのかと。

[終了後]
カロリーオーバー。