アニメとは対照的に、こちらは結構チェックしたはず。100曲は超えてるよな。

5th『Dear My Friend -まだ見ぬ未来へ-』
ELISAはもう今まで以上の曲は出ないと思ってたら、認識が甘すぎた。
アニメEDのカラーデザインもどこかで活用できないか検討中。

4th『mind as Judgment』
上松ですね。好きにならないわけがなかった。
地味にカウントダウンの行も好きだったり。

3rd『The fine every day』
千代丸の限界を超えた。他の作曲家を押さえてこんなに上にくるとは思ってなかった。
若干アメリ補正がかかっているとはいえ、ツボに入りまくった。

2nd『Strawberry ~甘くせつない涙~』
いやもうね、こんなに男心のわかる歌詞ないですわ。感動したぐらい。
PVのガールズバンドとちょこちょこ出てくる猫も要チェック。

1st『君の知らない物語』
これも切ない歌詞ですね。後半の盛り上がりも印象的。
6分弱もある長い曲だけど、フルコーラスで何度でも聞く価値のある名曲。

別格上位『祝福のカンパネラ』
思わぬところに伏兵がいた。ゲームのOP映像はもはやベンチマークに使ってるほど。
サビで転調するところや、全体的に#や♭を多用しているところも素晴らしい。

総括。
今年もここに挙げきれなかった良曲がいっぱい。実りの多い一年だったでしょう。
中でもED曲の強さはすごかった。10月期はOP派の自分でもEDの方が強かったと思うほど。
あと、今までチェックしてなかった新人アーティストが多くヒットした割に、ベテラン勢が今一つだったかなとも。
一度固定層がついてしまうと、多少曲がよくなくても売り上げが伸びちゃうのも一因か?
何にせよ来年もいい曲がたくさんでることを期待します。