今月スケジュールかつかつなので、体力的にもキャンセルやむなしかなとも思ってたんだけど、
翌日の予定をキャンセルしてでもこちらに参加という結論に至る。

今回は予選トータルの結果で準決勝コース別のどれに行くかが決まり、
上位6人が参加する準決勝Aに入るとすごい。
ひとまず自分の目標を、7位~15位が参加する準決勝Bに設定。
バーンさんからも「今日はBに行くも、次点で決勝には行けない」という、
いいんだか悪いんだかよくわからん神託を受ける。

ペーパー。択一はアレなので後ろから解く。なぞなぞやギャル文字の問題も出たが、全部解ける。
一問一答の問題も結構解ける。択一は知らんが、悪くないできのはずだ。

2○2×。自分は4組目だったのだが、ここまでの組を見る限り、自分の得意な難易度だ。
今回はルールがルールということもあり、珍しく1抜けを狙ってクイズすることに。
…のはずだったのだが、開始2問でイチローさんに抜けられてしまい、あっさりチャレンジ失敗。
その後うまいこと指勝負に勝って2抜けはキープ。全然悪くない。むしろ良い。

コース別は、正解した後に手元にある花の画像リストを見て、名前を当てるとボーナスが入るというもの。
花の名前は人並みにしか知らないが、正解数でどうにかするつもりで選択。
序盤に正解することが超重要なので、開始2問目で早速ランプをつけも、これが2択の逆。
(後からわかったが、想定していたのと問題文も違ったっぽい。むぅ。)
その後は正解数勝負の当てが外れて、結局花の名前勝負に。作戦の割にクイズ力が足りなかった…
辛うじて正解数は悪くなかったので3位はキープ。

さて、ここまで早押しの成績が2位3位のトータル300p。目標のBには届いたと思われる点数だ。
ところがコースを進むごとに、Aのボーダーが結構低くなりそうな雰囲気になってきた。
自分の周りでも、リックが同じく300p、ピウさんが310pとボーダー付近で並びそうな点数。
「結局ペーパー勝負になりそうだ」「その結果コース分かれたら目も当てられない」
などとリックと談笑しつつ、結果を待つ。

結果発表。5位でピウさんが呼ばれ、ボーダーの6位でリックが呼ばれ、7位で自分が呼ばれる。
次点発表時の自分周辺の盛り上がりといったらなかった。

気を取り直して準決勝B。1○2休で9人から1人ずつ脱落していき、残った3人が決勝進出。
わかっていたことだけど、面子が超厳しい。でもルールとしては有利ですらあるはず。
序盤での誤答はペナルティ甘いので、知らなくても適当に押す作戦を敢行。
さすがに率はよくないものの、幾多の困難を乗り越え最終セットまで到達。
その最終セットも開始2問を早いポイントで正解され、残る枠は1つ。
実質1○1×と考えて差し支えないサシで、相手はTAKUMIさんという見覚えのある光景に。
結果として、自分のわからない問題を正解されてしまったので完敗。結局次点か。

結局神託の通りになり、次点を総なめしたばかりか、フラグ全回収までしてしまった。
今シーズンは非常に調子がいい。それが故にか、惜しい負けばかりしているような。
元々もっと時間かかるつもりだったものの、勝ちきり方を覚えれば次の壁を越えられるかも。
そのためにも基礎力がもっと必要ですね。
特に今日の負けは全て小手先の何かではどうにもならなかっただけに。

【今日の正解】
○「スキマスイッチ」
○「そばかす」
○「昇華」
○「ブラジル」
○「プリザーブドフラワー」
○「滑石」
○「ラプラスの魔」
○「クリスピークリームドーナツ」
○「アインシュタイン」
○「ピカドール」