大井町線遅延とかビビらすんじゃないよ、まったく。

[第一関門]
受付で引いたくじは50。しかしこのシリーズには珍しく、第何組かわからない。
結局1から順に第一組ではあったのだが、なかなか強豪といわれる人が呼ばれない。
序盤の組なんかでは差し込みっぽい問題がなかなか正解が出ずもどかしい。
そうこうしているうちに第8組で出番。
前回チャンピオンをはじめとして、知ってる顔ばかりっていうね。ですよねー。
しかし、ここまでの組を見るに「何抜けまでを狙うか」という意識が必要な雰囲気。
普段はラス抜けしてなんぼでクイズしているが、今日は前のめりにいこうと気合を入れる。
始まってみると、序盤から誤答とスルーの多い展開。うれしくない問題ゾーンを引いたか。
その中でも勘で言えば当たった「フェアウェイウッド」をチキンしたのは大痛手。
そうこうしているうちに相方が「タングステン」を正解。お、これは正解できないと自分のせいで負けだ。
次の問題。茶室の…よし、絶対この問題正解する。この気合で見事正解。答えやすい問題だった。
チーム2連答で圧倒的有利な展開へ。どちらが正解しても勝ち抜け。
次の問題。名前には「音楽家たち」…問題の頭にポイントがあったが、見事に押し負け。
次の問題。ボクシングの反則行為で…よし、絶対この問題正解する。
押し負けることが心配だったが、ポイント少し先まで聴くことができ自分のランプが点いていた。
少しだけ狙ってはいたが、まさかの1抜け。生涯2回目。このルール相性いいな。

[第二関門]
今回はコース別ではないく、BAD同様の同じルールで勝ち抜け枠が違うクイズ。
1抜け組という非常にうれしい条件でクイズができる。
4ポイント先取で勝ち抜け、半数に絞られるが、ボーダーは3点になると予想。
自分が先手になったので、まずは早い段階で正解を出したいところ。
他に比べて楽とはいえ半分落ちるので、前のめりにいこうと決意。
1問目でいきなりランプを点けるとあっさりトビ。おおおおおおおおい。
結局ボーダーは2点まで下がっていたので、誤答しなければ抜けていたんじゃないか疑惑が…勝負勘ないなぁ。

[敗者復活]
過去2回マーク数が足りなくて復活できないでいたので、今回は結構攻めることに。
結果マーク数は足りたものの、それだけ攻めれば間違えますよねー。
しかも無理して攻めたところばっか…

[その後]
土壇場での逆転劇をいくつも見た。実に見ごたえのある試合だった。
フィクションが5割二次元だったらたぶん勝てたんだろうけどなー。
中学生でフルオープン決勝とかうらやましすぎるわ。
優勝賞品の配分は、決勝での正解数に従って0:7というのは、誰しも考えたはず。

[終了後]
久しぶりに全員集合したabc7thのメインスタッフで記念撮影。完全に同窓会。
社会人になってもこれだけの同世代が集結できるなんてうれしいですね。
今まで名前だけで本人を存じなかった方を何人か確認。ご挨拶も少々。
ATPに両面フルカラーの名刺もらった。やったね。
会場を出た後は噂の庄助へ。言うだけのことはあるおいしさ。
とくに出汁のやさしい味が大ヒット。そんなのおいしいに決まってるわ。
みんなに広めたくなる味というのはよく理解できた。次はほんとに年末かな。だな。

【今日の正解】
○「つくばい」
○「ローブロー」

無事終わってよかった…

参加者のみなさま、ご参加いただきありがとうございました。
当日は厳しい時間的制約の中、なんとかほぼ予定通りに終了できて何よりです。
遠方からいらっしゃった方もいて、帰路の負担を少しでも減らせたのではないかと思います。
構想段階からずいぶんとスケールダウンさせたこともあり、ボリューム的に満足できなかったかもしれませんが、
その分すっきりまとまったのではないかと思います。
自分は今回直前に時間短縮のアドバイスをした程度であり、
このようなオープンを発案・開催できたのはすべて現役生の力であります。
あまり表舞台に立つ機会の少ない現役生ではありますが、
今後外で見かけた際には声をかけていただければ幸いです。

スタッフのみんな、お疲れ様。
会場問題は大変だったけど、うまくまとまって結果オーライだったと思います。
構想段階にあったアホなあれこれはまたどこか別の機会にやりましょう。
細かい反省点を挙げればきりがないけど、一度振り返ってみてください。
反省点を生かすのは大会のスタッフをするのが一番手っ取り早くはあるけど、
今後のいろいろな機会に細かく生かせる点は多々あります。
中でも、今回の準備を通して
「自分がするべきこと」「自分以外がするべきこと」「誰がやってもいいこと」
「自分でなくてはできないこと」「自分でなくてもできること」「自分にはできないこと」
「自分で自発的にできること」「他人からの指示が必要なこと」
といった点を意識することの重要さが分かったと思います。
上を理解したうえで「今自分が何をすべきか」を考えてみてください。

スペースの確保だけ。

後輩の応援をするために会場へ。

かつて自分もペーパーを抜けるだけでも苦労したマンオブの復刻版といったところか。
今年はじっくり成長してきた代も4年なので、ぜひ活躍してほしい。

午後開始ぐらいに着くように電車に乗っていると、主催者から問い合わせのメールが。
え、そんなにすごい結果なの?駅から会場まで猛ダッシュ決定。
なんとか順位発表6位ぐらいで到着。するとシードラインの12位で呼ばれるっていうね。そりゃすごいわ。
いきなりサプライズを食らったものの、残りはゆったりと観戦。
全体的にマンオブのときよりも若干難易度低めかなという印象。ほどよく散らばって正解が出ている。
勝ち抜けラインを争う戦いはやはり熱かった。特にアタサバと準決勝。
紺碧勢の声援を聞くに、やっぱり大学サークルはこういうのがなくちゃと思う。
KQKもいつものようにOBが多数詰め掛けていたし、こういうのもいいお国柄ですかね。

観戦者が一部のプロギャラリーばかりだったのはまあしょうがないとしても、
参加者が少なかったのは超残念。なんでみんな最初から来ないんだろうと思わずにいられない。
大会そのものは、問題難易度もうまく調整されていて、コンパクトにまとめられていて非常によかった。
最低限のところに注力して、頑張らなくていいところをとことん省いてうまくまとめていたと思う。
ルールもほとんどかなりシンプルだったし、本当はもっとシンプルでいいのかも。

終了後は優勝者の出た紺碧勢やスタッフ勢についていき飲み。
日曜だし飲むつもりはあまりなかったけど、祝いの席なので結局結構飲んだ。
紺碧の若手ともちょこちょこ話ができたので大収穫。今度のゲスト参加も打診しておく。

あれさえ合ってれば違ったのにな…

ペア戦。前回はぎりぎり1Rをラス抜けできたので、今回もコース別のリベンジをしたいところ。

1Rは前回からルールが変更され、ペアのどちらかしか解答権がない。
序盤は様子見の意味も込めて自分がボタンにつく。
そうっぽいとは思いつつ即トビにびびって、2問目の「スカッシュ」をスルー。
するとその後全然分かる問題が飛んでこない。
前回も時事責めに苦しんだが、今回も我慢のクイズ。とはいえ残り枠もそろそろ少ない。

川底や崖などで、地層の見える/

の問題に、これを逃したらまたしばらく科学っぽい問題出ないなとランプをつける。
「切り通し」のことかなと思って答えようとしたが、反芻した結果違うと判断。
脳内再会議の結果「露○」までは思い出したものの、もう一文字が出てこずトビ。
舞台から降ろされた直後正解できそうな問題がやたら出るのは、まあそういう運命なんだろう。
結局そのまま勝ち抜け枠が埋まり終了。

敗者復活。間違ったら即終了の3択。ただし今回は答えが複数ある可能性がある。
前回は難易度が低かったこともあり、攻めなかった結果点数が数点届かなかった。
今回。2人で分担し自分は後半から解くことに。
かなり難しい。15問中2問しか分かる問題がない。
今度は前半。こちらはある程度分かる。3択全てについて正解・不正解を判断できるものも。
お互いの解答にダメ出しなどをして、12箇所にマークをしたものの、若干心許ないかなぁ。
結果。大半のペアが誤答に沈む中、誤答はなかったもののやはり点数が足りず復活ならず。
そもそも2ペアしか復活できなかったという時点で、そうとう攻めないといけなかったのだが。

今回もまた自分が先にトんで足を引っ張ってしまった…久しぶりのオープン惨敗。
確かに問題傾向は合っていなかったし、理系不利な科学問が目についたけれども、
それは全員に共通なことであって、それでも正解は出ているんだから理由にはならない。
結局クイズ力が足りないとしかいいようがないわけで…
面白い勝負は見れたし、近しい人の活躍を見届けられたのもうれしかったけど、高い授業料だ…

今までの勉強法はやはり限界にきているし、自己流ではもはや勝てない。
泥臭く今までと違うやり方を試すしかないなぁ。時間が欲しい…