65h/週勤務…頑張った自分。

明日も母方の実家に帰るので7時起き。車中爆睡決定。

マイケルにはなれなかった。

源泉徴収票(額面の年収・天引き後の年収・年間源泉徴収額が書かれている)が配布された。
これが現実なのだと思わずにはいられなかった。

明日は百人一首をやる予定だったのだが、最少催行人数に満たなかったために中止…

予定無くなったなーと思っていたら、会社に行くことになったよ。
16時過ぎに10h程度の仕事が入るなんて無理ゲーだよね。

「打ち合わせをするから(帰らないで待ってて)」と言われて待つこと3時間。
23時からスタートしたミーティングは、奥義「入社から一貫して終電を早めに申告」により中座。
それだけ遅くなるとわかっていたら、明日からの仕事前倒しにできたような…
とりあえず明日からしばらくやばいことだけはわかった。
仕事以外にもやることはあるのに、これを打開するのは驚異的な時間活用術しかないのか。苦手だ…

今日知ったことだけど、今後のためになりそうなので、備忘録の意味も込めて。

大きな病気や怪我で働くことができないとき、傷病手当を受けられることがあります。
傷病手当は1日単位で、欠勤した1日について、月給を日割りした1日分の給与の6割支給になります。
(もしかしたらここは会社によって多少違うかも)
半休では支給の対象になりませんし、「欠勤」以外では支給されない場合もあります。

手当を受けるのに必要な要件としては大きく

  • 以前に連続して3日出勤しなかったことがあること
  • 医師から証明を受けること

の2点でしょうか。

前者についてですが、これは言うまでもないでしょう。
1日おきに休み続けても対象にはなりません。

後者についてですが、このためには決まったフォーマットの用紙が必要になります。
会社から緑色の書類を渡されるので、それを病院に持って行って医師に書いてもらいます。

さて、今回の自分のパターンにあてはめると…
まず連続して3日は休んでます。連休を挟んで都合4営業日連続で会社に行ってません。
この場合、4日目からが対象となるので、申請すれば1日分の手当を受けられるのですが…
実際にはこの4日を欠勤ではなく、有休×3+振休×1として申請しています。
この場合、有休として給与計算されると既に傷病手当でもらえる額を超えるので、手当はもらえません。

というわけで会社から書類はもらってきたものの、使うタイミングを逸したような気も。
まあ最初の「3日連続」から1年半は医師の判断次第で対象になるので、
(してほしくないけど)再発なんかしたらそのときには使えるでしょう。